はしるのは

50代、二児の父。マラソンを始めて4年の終わりにサブスリー達成。トレーニングとか、戦歴とか、妄想とか、走ることのあれやこれや書いてみます。

GW翌週 トライアスロンを観に横浜にいらしてみては?

こんにちは。
オークです。

5月13日(土)、14日(日)
横浜でトライアスロンの大会が開催されます。
横浜開催は8回目だそうです。


2017 世界トライアスロンシリーズ横浜大会
横浜トライアスロン情報サイト


エリート女子・男子はNHK BS1で放送されます。
5月13日(土)
10:00 - 15:15


昨年は男子エリートを観に行きました。

今年ですが、
現在女子ランキング3位の上田藍選手
これまで銀メダル、銅メダルを取っていて
残る金メダルへの意欲を語っています。
是非、応援しに行きたい。

トランジットのある山下公園内は混みますが、
ロードなら間近で応援ができます。

横浜駅に掲示されているポスター

DSC_1815
上田藍選手のラン

DSC_1818
パラトライアスロン

DSC_1817
スイム

DSC_1816
バイク




お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

峠走 ヤビツ峠

こんにちは。
オークです。

みそらさん主催のヤビツ峠での峠走に参加してきました。
メンバーは、みそらさん、キミ兄さん、sugiさん、ニッキーさん、原パンさん


DSC_1770~2
DSC_1772~2~2~2
入りは市街地をジョグ

DSC_1776~2~3
蓑毛で休憩

このあたりから山道らしくなってきます。
DSC_1778~2~2
DSC_1786~2
DSC_1781~2~3
DSC_1780~2~2

DSC_1796~3
菜の花台で休憩

休憩の後はまとまって走り出す。
DSC_1797~2~3
おのおののペースで走るので、
ばらけていきます
DSC_1802~2

休憩で集合

1492961797996~2

DSC_1799~3
1.5kmほど奥の湧き水へ

DSC_1804~2~2
湧き水まで少し下ったので、戻り始めは上りジョグ

ヤビツ峠で再び休憩

ここからは下り

ヤビツ峠から菜の花台まで
およそ3kmを独走させてもらう
3分45秒ペース
コーナーがあるので、
下り一方のわりにペースは上がらなかった感。

これで脚は売り切れ
以降、回転が上がらなくなり、
下りのわりにはペースが上げられない

蓑毛で休憩
DSC_1805~2~2
DSC_1806~2~2


R246との交差点のオセブンイレブンで休憩した後は
ジョグで秦野駅まで
DSC_1813~2~2
DSC_1814~3



参加された皆様、ありがとうございました。


お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【ナルシシズム注意】東京マラソン オールスポーツ様様

こんにちは。
オークです。



【ナルシシズム注意】
当ブログにはナルシシズム溢れる表現が含まれておりますw。
耐性のない方は、
こちらの非常口から健全なブログに避難してくださいwww。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





そろそろ2ヶ月前となる東京マラソン2017。

オールスポーツ様様
良い写真を撮っていただきました。


東京マラソンの写真は、
周囲の観光スポットとランナーを同じフレームに収めた上で、
構図にも配慮したものが多いように感じました。


人物が小さくなりがちですが、
適度に生々しさが抑制されて、
代わりに都合のよいイメージで補完されます。


東京マラソンを走った自分LOVE
思い出の美化とナルシシズムをブーストする写真の数々
紹介させていただきます。

(当社比 美化率200%以上の写真に限り紹介させていただいております。
あらかじめご了承ください。www
なお、モザイク以外の加工はしておりません。)





asakusa
©allsports.jp
浅草
吾妻橋交差点
神谷バーは電気ブランで有名な日本最初のバー




 
skytree
©allsports.jp
浅草
駒形橋西詰交差点
駒形橋方向に東京スカイツリーを望む





tiffany
©allsports.jp
朝食と言えばここ(違)
銀座中央通り





tokyotower
©allsports.jp
芝公園
コレ、一番気に入ってます。

広い画面に小さく一人
周りにランナーはいっぱいいたハズだが、
偶然(奇跡的?)にも”自分だけのため”に撮影された一枚

ブログ村応援団に往路/復路とも応援いただいたのもこの近く。





BlogPaint
©allsports.jp
丸の内
ここからゴールまで数百メートル
美しい石畳の並木道がレースの最後を祝福してくれます。




お読みいただきありがとうございます。

応援のクリックお願いします。
やっぱりナルシシズムに耐えられなかった方もクリック!
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

着地のつくりかた おまけ 私的感覚

こんにちは。
オークです。

このシリーズの最後

役に立つのか不明ですが、
着地関係の私的感覚を列挙します。

「こうすると良い」事ではなくて、
「このイメージで動いてみたらどうだろう?」
と試してみるお題みたいなものです。

理想と考えるところよりも過剰にしてみたり、
やらない方がいいことをやってみたり、
といった事もします。




体が落ちてくる前に、先回りするように脚を伸ばして地面に足を着ける


重心は上下動させない。
横移動する体を下から支える脚。
重心の高さを保ちながら次々乗り換えていく。


先ず、前足部で地面にさわる。
後から、かかとに体重が落ちてくる。


パントマイムの「みえない壁」のイメージ
動きは素早く、壁についた手(=接地した足)は静かに
地面に付けた足を、押しも引きもしない。


後方に流れる地面と、
足を振り戻す速度をあわせて
ソフトランディングさせる。


地面の流れる速度よりも
速い速度で足を振り戻しながら
着地させてみる。


体より前で足が地面に触れて、
足が体の真下に来た時に、足に体重が乗る。


着地点
どれくらい後ろを狙うかを変えて、
脚部の前傾を調整する。





お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

着地のつくりかた 発展形 ストライドの意識

こんにちは。
オークです。

着地のつくりかた フォームに関心が出てきたら
着地のつくりかた その2 ドリル
の続きです。

ここまで、
積極的に足を着地させる事について、
主に上下の動きに着目して書いてきました。

この延長でストライドについて書いてみます。

----------

ストライドの大きな走りを目指す時、
人によっては、
・大きな動きで
・上下の動きを抑えて
こんな事を意識するだけの方もいるかと思います。
そうした方から見ると、メンドクサイ話かもしれません。

----------

ストライドを意識した動きのイメージがこちら。



こちらは、再掲です。
脚を動かして、足を着地させるイメージ
 

何が変わったか?

足が接地した後、すぐには跳ばないようにしています。

大きなストライドでは、
足を後方に流しながらゆっくりと地面を押して、前進する力を得ます。
ピッチ走法と比べると、長い時間接地を保つことが必要となります。

足が接地したらすぐに跳ぶ意識では、
必要な時間だけ接地していることが出来ません。

大きなストライドを目指すなら、
接地している時間が短くなりすぎないよう意識してください。



積極的に脚を動かしているところから、
一転して静かに接地を保つ状態にしますので、
すこし複雑に思われるかもしれません。
でも、慣れてしまえばさほど難しい動きではありません。


このイメージでジャンプしてみると、
このようになります。


ここでは跳びあがるための準備の動きが見えますが、
実際のランでは、
跳ぼうとしなくても足が自然に地面から離れます。

跳ぶことを意識する必要がない分、
着地のコントロールに集中することが出来ます。



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

着地のつくりかた その2 ドリル

こんにちは。
オークです。

着地のつくりかた フォームに関心が出てきたら
の続きです。


着地のための脚の動きのドリルを紹介します。



「足が地面に着くのを待つ」動きと
「脚を動かして、足を着地させる」動きとを
イメージしてジャンプしてみました。

「足が地面に着くのを待つ」等倍速
「足が地面に着くのを待つ」スロー
「脚を動かして、足を着地させる」等倍速
「脚を動かして、足を着地させる」スロー


はやいピッチで縄跳びをすると、
「脚を動かして、足を着地させる」動きと
同じ動きになります。

着地の動き作りのドリルとして縄跳びをしてみてください。




もう少し、ランの動きに近いドリルとして
スキップをお勧めします。

スキップで、
右足⇒左足、
左足⇒右足、
と踏みかえる時の動きが、
脚を動かして着地させる動きの練習になります。

その場スキップ、高くスキップ、速くスキップと
バリエーションを試してみてください。



ランで着地をコントロールするドリルとして、
足音を抑えたり、逆に大きな足音をさせたりしてみてください。

大きな足音をさせるのに、かかとを地面にたたきつけないでください。
地面に触れる瞬間に、足首のスナップで、体重ををのせずにペチッと叩きます。




お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
大会結果・エントリー
2012/12 横浜マラソン(ハーフ)
 (1時間43分)
2013/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間31分)
2013/11 つくばマラソン
 (3時間19分)
2014/03 板橋シティマラソン
 (3時間17分)
2014/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間12分)
2015/02 神奈川マラソン(ハーフ)
 (1時間25分)
2015/03 佐倉朝日健康マラソン
 (3時間1分11秒)
2015/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間4分56秒)
2015/11 さいたま国際マラソン
 (3時間1分10秒)
2016/03 古河はなももマラソン
 (2時間53分23秒) PB
2016/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間1分25秒)
2016/11 つくばマラソン
 (2時間57分13秒)
最新コメント