はしるのは

50代、二児の父。マラソンを始めて4年の終わりにサブスリー達成。トレーニングとか、戦歴とか、妄想とか、走ることのあれやこれや書いてみます。

大山登山マラソン2017 上巻

こんにちは。
オークです。

DSC_1668~2

レース後、2度目の週末がすぐそこに、、、、

大山登山マラソン
レポートします。

----------

当日朝

大山登山マラソンは、年齢性別で3グループに分けて30分間隔のスタート。
自分は最も年上の男性グループ。
10時スタートで、その1時間半前の8時30分までに当日受付が必要。

受け付けに必要な時間がわからなかったので、
余裕を見込んで、
7時40分 最寄の伊勢原駅に到着

DSC_1643~2


商店街を通って、10分ほどで受付のある小学校に到着。

時間を心配していた当日受付ですが、あっけなく完了。

ナンバーカード、チップ(両足!)と一緒に、
参加賞の小さなリュックを受け取る

DSC_1645~2
リュックは6Lくらい

ゴール地点への荷物運びサービスは無いので、
走り終わってすぐに上着を羽織りたいならば、
これを使って自力ではこんでネ
ってことらしい。

自分はタイム優先で、上着がわりのゴミ袋2枚をポケットに。
(ゴールの後は、なるようになれ、、、)

ちなみに服装
 ノースリーブTシャツ (Team 50 Tシャツ)
 アームスリーブ・ネックウォーマー (温度調節で外せるように。結局外さず)
 100均手袋 (滑り止め付き) 
 ランパン
 シューズ:ターサージール(シークレットインソールw)
 ゴミ袋2枚(上着です)

受付が済んで、スタートまで2時間ほど。
校庭の隅に荷物を置いて、おひとりさま陣地にする。

貴重品しか預けられないので、
レジャーシートに荷物をおいている人多し。
更衣室に置いておくことも出来た様子。

校庭の仮設トイレの数が少なかったので
早めに済ませておく。
(他にもトイレはあったようだが、未確認)

ナンバーカードの穴が小さかったので、
持参のゼッケン止めにあわせてハサミでチョキチョキ。


開会式
ゲストランナーの挨拶
DSC_1653~3


開会式の間に
スタートへの移動待機列にならびました。

スタート地点は、先ほど通ってきた伊勢原駅。
スタートの10分ほど前に、列で移動します。


スタート地点に到着

日産の協力による電気自動車の先導車がすぐ目の前。
駅前なので電車も見えてます。
DSC_1656~2


スタート地点で、再び挨拶などなどなどなど、、
公式時計表示がスタート時刻の10時になろうとしているのに
急ぐ様子が無い??
この雰囲気から突然スタートするのか???

ドキドキしながら聞いていると、
「路線バスの出発を待って、10時2分にスタートします」
と、
スタート時刻変更のおしらせ、、、

なんか、ゆるい(´∀`*)



----------
10時2分
あたらめまして、
スタート

IMG_5159
[大会公式ページより]


2列目にならんでいたのですが、
スタートダッシュの勢いに圧倒される、、、
ボヤボヤしていると轢かれる
   (´д`;)≡   (゚皿゚メ)=3 (゚皿゚メ)=3 (゚皿゚メ) =3 (゚皿゚メ)=3 (゚皿゚メ) =3

それでも数100mも進むと、
そのペースを維持できるランナーたちに絞られてきました。



前を走る人数を数えてみると、招待選手を除いて5人?
このまま6位をキープできれば入賞?
一瞬、夢をみました、、、、

しかしです、
体がペースに慣れてこない。

このペースをキープできるのか?



1kmのラップ 3分37秒


計画より10秒以上速い、、、
突っ込みすぎたorz



ペースをキープどころではなく、
走り続けるのも苦く感じられてきて、
一旦止まろうか?
少しだけ歩こうか?
考えが浮かぶ。

同時に
自分が後続のグループにのみこまれるイメージも浮かぶ、、、



ペースを少し落とした。
少しくらい落としても、すぐ楽にはならないが
そこは我慢。
慣れてくるのを待ってみよう。



後ろから2人のランナーの気配。
近づいてくるが逃げられない。
あっさりと抜かれて、
着いていくこともかなわず。
 

 
コースは少しずつ上りになってきている。



2kmのラップ 4分1秒



さらに後ろから近づく足音
今度は、抜かれた後に後ろにつくことが出来た。
人の後ろだと少し楽が出来る。

2人で前を追って行き、
前を走っていた1人を抜いた



3kmのラップ 4分12秒



しばらく後ろについていたおかげで、
自分のペースがつかめてきた。
目の前のランナーも抜き返す。

しばらくは、
すぐ後ろに足音が聞こえていたが、
徐々に消えていった。



4kmのラップ 4分12秒



前方、
かなり離れてはいるが2人前までのランナーが見えている。
単独走で前を追う。

ピッチでスピードを稼ぐ意識。
斜度が刻々とかわるので、
走り方もあわせて調整していく。



5kmのラップ 4分37秒


 
前を追っているつもりなのだが、一向に近づかない

斜度が上がり、速度が落ち、
体力もメンタルも苦しくなってくる。

基本的に斜度は上がる一方、
苦しくなる一方のコース
この先のために、どのくらいの余力を残せばいいのだろう??



6kmのラップ 4分34秒 



ここまでくると、斜度が普通でない
せっせと体を動かしているのだが、
進まないorz

フォームをいろいろ調整してみたが、
やっぱり進まない



こんな所で後ろからの足音
着実に近づいてくる。

逃げようにも、これ以上ペースは上げられない。
あっさりと抜かれて、着いていくことも出来ない。



7kmのラップ 5分23秒



こま参道に入る。
  
参道らしく?両側には土産物店などが並ぶ、
大山らしく?参道なのに上り坂と階段の不規則な繰り返し。

階段があると、まず二段飛ばしで上り始め、
勢いを失ったら一段ずつ早足に。

早足に疲れたら、
今度は膝を手で押して2段とばし

階段が終わっても
直ぐには走り出せない。

無理に体を動かして、
次の階段まで加速。

「歩いているよ~」と子供の声。
前のランナーは走りぬけたのか?



こま参道を進む間に、
前に見えていたランナーを見失っていた



ケーブルカーの駅を過ぎて山道に入る。

自然石を整えた不規則な石段
足元に注意して黙々と上る

石段が続くと、
前ももが悲鳴をあげる

石段が途切れている間に復活
の繰り返し



8kmのラップ 7分37秒



DSC_3414
[大会公式ページより]

斜度がさらに増し
石段が急になり、乱れた段になり

歩くようなスピードなので、
風を感じない。
顔から汗が滴る。


時折、コースの要所にスタッフがいて応援してくれる

そこを過ぎると、
視界に人が居ない孤独な山登り
 
 

前方からは何も聞こえてこない。
後方からは時折応援の声が聞こえてくる、、


今ペースを緩めると追いつかれるかもしれない。
恐怖とも言える感情、焦り、
速くは動かせない体を必死に動かし続ける。



山道に設置された手すりが見えた。
終わりが近い。

手すりを掴んで、
重い体を引き上げる。

腕を休ませ、脚を休ませ
動き続ける。

DSC_3892
[大会公式ページより]



綺麗に整備された石段が現れ、
その上にゴールが見えた。

もう抜かれることは無いと思うと気持ちが楽に。

最後の力で石段を登る。
最後くらい颯爽と駆け抜けたいが、
気持ちとはうらはらに体は素早く動かない。
とにかく登る。



ゴール
終わった、やっと終わった。

よろよろと進みながら、
自然と両腕が上がった。

DSC_1657~3


最終ラップ 12分50秒
ゴールタイム 50分21秒


 
----------

ベンチでチップをはずしてもらう。

お汁粉、七草粥をいただく。
生き返った。


大山阿夫利神社の下社までさらに階段を上って、
展望を前にして、
しばし感慨にふける。


表彰式を眺めた後、帰途に。

collage-1490205026364

下巻につづく



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
速報に「楽しかった」と書きましたが、
このコースの何が楽しかったのやら??
錯覚か? (・∀・)

楽しさが分かった気がするあなた、全く分からないあなた。
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

境川ランニング 動画で紹介

こんにちは。
オークです。

3連休のうち土曜日、月曜日の2回
境川サイクリングロードを走りました。

------
土曜日
東京マラソン以降、
長い距離を走っていなかったので
30km走をすることに。

東京マラソンが全体通して微妙にスピードにのれていなかったので、
(トレーニングとしては)速いペースを狙ってみる。
13kmまでは向かい風

 0 -  5km : 4:07min/km
 6 - 10km : 4:08 min/km
10 - 15km : 4:04 min/km
16 - 18km : 4:00 min/km

試してみた事
「空中にいる間に、何もせずリラックスした瞬間を入れる。
そこから、足が落ちるに任せて着地。」

頭の中は、
ケニア人ランナーのトレーニングでのラン。
リラックスしたリズムをイメージ。

良い感触で楽に走れていたのだが、
18kmで急にペースキープが苦しくなってギブアップ。
向かい風に体力を削られていたか?
15kmあたりで3:50 min/kmまで上げてみたのだが、無理があったか?

残りの距離をジョグで戻ってきて、一応距離としては30kmをクリア


-----
月曜日

中一日ではリベンジできる程の回復は望めないが、
時間の取れる時に距離を走っておくことに。


日曜夜にみたテレビ「情熱大陸」
フィジカルトレーナ 杉本龍勇 を取り上げていた。
いろいろ興味深かった。
特に子供のかけっこ教室で、
前傾過剰だった子がバランスのとれたフォームに変わっていたのが印象に残った。

これに影響されてw 試してみた事
上体を前傾させない姿勢。
代わりに、下半身の前傾(下腹を前にだす意識)、
膝が曲がった状態で着地、
その後の膝下の傾き、足首の曲げも心がける。

土曜よりも向かい風が強く、
ウインドブレーカーがバタバタと音をたてていたが、
前傾の意識は丁度ハマった感。
風が苦にならず、淡々と進む。

 0 -  5km : 4:37min/km
 6 - 10km : 4:15 min/km
10 - 15km : 4:12 min/km
16 - 20km : 4:16 min/km
20 - 25km : 4:29 min/km
26 - 30km : 5:25 min/km

ゆっくり入って、
体があたたまってくるとナチュラルにペースアップ。

ところが、、、
25km過ぎに一気にペースダウン。

無補給が良くなかったかもしれない。
体調が悪化した感じは無かったが、
帰宅後に繰り返し繰り返し水分を取り続けることに、、、


-----
月曜のランで、境川沿いのコースを撮影してみた。
スタート・ゴールは中原街道から南に1kmほどのところ。
南に下り、国道1号線をくぐるまえに折り返し、
往復で24km。

ちなみに、
折り返さずに6kmほどさらに南下すると江ノ島にたどり着く。




お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
大山登山のレポが始まっていないことを見逃していないあなた。
ガンバッテ書いているところですので、、、
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【速報】大山登山マラソン

こんにちは。
オークです。

大山登山マラソン完走しました。

DSC_1710~3


タイム : 50分21秒
順位 : 8位

順位的には、あと二人抜ければ入賞でしたが、
タイムで2分弱の短縮が必要で、ちょっと無理な感じ。
序盤から苦しくなって死にそうになってたし、、
終盤の苦しさも初体験レベル。

でも楽しかったです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

東京マラソン2017 レポ3

こんにちは
オークです。


DSC_1634~2

次のレース(明日だ!!)
の前に、東京マラソンのレポを片付けます。
(ブログのペースメイキングが下手orz)


レース展開について

Screenshot_2017-02-26-12-59-39~2

体感ペースメイクで淡々と、
30km以降は疲れてきたところを
必死にペースを保って、
結果としての僅かなポジティブスプリット。

精度の悪いGPSに少々惑わされた面はあったが、
(キロ5秒程度速めに見えていて、
最終的に43km走ったことになっていた)
上げる余力があったか?と言うと
まぁ、無かったかなと。

本番に向けてのコンディションの整え方を
少し失敗したように思われます。
このあたりは、別の機会に書こう。

今回は、攣りの兆候は無し。
事前のトレーニングが功を奏した?
このあたりも別途。

-----

コース、天候など

コースは本当に走りやすかった。
序盤はゆるやかに下り続けで行く間に楽に調子を整えられる。
30km以降はフラット。
残りの距離だけ考えれば良いので、
終盤にどれだ残そう? とか迷わずにレースペースを作れる。
調子がよければ、爆発できる区間。リベンジしたい、、、



気温は、寒すぎず、暑すぎず。
レース後の感想で「暑かった」との声が多く意外な思い。

5kmあたりで、
体が暖まったのでアームカバーを肘まで下げて、
以降はそのままで快適でした。
汗も全く気にならず。

ペースを上げ切れなかったために、体温も上がりきらなかったのか?
鈍いのか? (どちらでも悲しい、、)


今回、風が一番気になりました。
進路が北に向く度に、ブゥワッと前から吹かれて
慌てて大きな背中をさがす 
キョロo( ̄ー ̄=  ̄ー ̄)oキョロ.
西洋からのお客様には大変お世話になりました。 
( ・∀・ )ゞ
 
-----

サプリメント関係

補給食 
15km ショッツ
25km ピットインリキッド半分
ピットイン一本持っていれば足りた計算。
省エネ化進行中?

塩サプリ
10km、20km、30kmを考えていたが、
20kmで一旦口に入れたタブが、
開いていた口から飛び出し、
ここで使い切る、、、

カフェイン錠剤
スタート、20km
つくばの時と同じパターンだが、
効果がよく見えない。
次回はタイミングを変えて実験してみよう。

-----

トップとは
17km手前
隅田川を渡ったあたりですれ違い。
先ず先導する車たちが順に見えて、
ランナーとのすれ違いはあっという間。

-----

ゴールの直前には石畳の並木道。
両側には応援がびっしり。
ゴール直前、
一番苦しいところが一番ガンバレルコースになっている。

東京駅を背にゴール。
背中側の東京駅は全く見えないのだが、、、
ゴール写真のための演出ですね。


DSC_1614~2
ゴールエリア

ゴール後
メダルをかけてもらって
タオルをかけてもらって
銀色の防寒フィルムをかけてもらって


小出しに受け取る
ポカリスウェット
クリスタルガイザー
ランチパック
カロリーメイト
バナナ
DSC_1622~2
ボランティアの方々、ありがとうございます。
いい気分で歩けました。


1km先の日比谷公園を目指す
DSC_1618~2


日比谷公園の外を延々と歩く
この道の先に荷物がある
DSC_1619~2
人も車も見えない東京の街
SFの世界?



この後、応援隊に合流
アフター
0次会(お食事)
1次会(宴会)
2次会(スペシャルメンバー呑み)
と楽しく過ごしました。


 
お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

 
明日レースの皆さん、ガンバッテください。

今年のはなももマラソンも楽しそうで、
エントリーしておけば良かった?と後悔しつつ、
登山マラソンも楽しみ。

両方は走れませんからね。
私は明日の登山マラソン楽しんで来ます。

応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

登山マラソンのシューズ シークレットインソール

こんにちは。
オークです。

大山登山マラソンのシューズを決めました。
ターサージール ワイド

初フル直後くらいに購入したものなので、
少々古いです。

選んだ理由は、
軽量

ヒールからトウのドロップが10mmと大きい事。

これを、ひたすら登るコースにあわせてスペシャルチューニング!!


インソールを差し替えて、
さらにドロップの大きなシューズに改造しました。

DSC_1642~2~2

ベースにしたインソールはこれの旧モデル


ショックドクター インソール ランアーチ 27.0-28.5cm 85053
ショックドクター インソール ランアーチ 25.0-26.5cm 85052
ショックドクター インソール ランアーチ 23.0-24.5cm 85051

比較的ハードで、クッション性はあまり無い。
土踏まずの部分をしっかりと支えて、
ヒール部分はかかとを包むような深い形状。
足の形の矯正、保持をするようなインソールです。


以前に興味本位で買ってみて、
感覚は変わるものの、
メリットが有るのかわからず放置していたものwww
ついに活躍の機会が来ました。


ちなみに、27cmの片足で50g程の重さがあるので、
入れ替えると軽量性は多少犠牲になります。


このインソールにすると、
ドロップが5mm増えます。
(インソールの厚さ:前足部で3mm、ヒール部は8mm)

ここまでなら、
市販品での差し替えなので普通にやる範囲でしょう?



それではつまらないので、
さらに、もともとのインソールを切って、
かかと部分だけに積み増します。
これで+3mm



シューズのドロップも合わせると、
トータルで18mmドロップのシューズの出来上がり。

----------

試しに10km、アップダウンのあるコースを走ってみました。

先ず気になっていたのは、
かかとの収まりが浅くなった結果として、
不安定になる事でした。
これは、まぁ許容範囲でした。


最初は、かかとからの着地になりましたが、
すぐに慣れてミドフット着地にすることが出来ました。

下り坂も少々慣れが必要でしたが、
安心してください!!
登山マラソンに下り坂はありません。


登山マラソンの課題は上り坂!!
ドロップを積み上げたおかげで、
かかとが地面から離れるタイミングが遅くなり、
長く強く地面を押し続けられている感触はありました。

アキレス腱、ふくらはぎに負荷をかけ続けるレース。
これで少しは楽に走れハズ!! (`・д・´)



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

改造の効果はあるのかな?
興味をもたれたら
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

登山マラソンのペース決め

こんにちは。
オークです。

この週末、各地の大会を走られた方。
お疲れ様でした。

次の週末は、再び自分の番。
速報に刺激されまくり。

と言っても、次のレースは
名古屋ウィメンズではなく(アタリマエ)
古河はなももでもなく(去年お世話になった)
超個性派の大山登山マラソン(これはマラソンなのか?)
ですが、、、


-----


大山登山マラソンのペースはどうする?

ずっと上り続け、
斜度も上がり続け、
基本、ペースは体感がたよりだが、
多少は根拠が欲しいところ。

最初の1kmほどは平坦なので、
ここのペースを決めてみます。
2km以降は、そのままの体感強度を保つ作戦。

で、みんな大好き?ダニエルズ先生に相談。
直近の東京マラソンのタイム、
一年前PBの古河はなももマラソンのタイム
を入れてみる。

でも、登山マラソンは選択肢に無いよ(アタリマエ)
どこを見る?
大山登山マラソンの距離は9kmだが、
斜度が異常なのでゴールタイムは50分前後の予定。
10kmから15kmあたりを見れば良いかな?

東京マラソン2017の記録から計算
距離  タイム ペース
15K 00:58:33
 03:54
10K 00:38:06  03:49

古河はなももマラソン2016の記録から計算
距離  タイム ペース
15K 00:57:33  03:50
10K 00:37:27
03:45


1kmあたり3:50±5秒のペースになるようですね。



この週末は、
3:50 min/kmのペースを覚えるための
1kmレペティションにしました。

土曜日 5本
日曜日 3本

東京の1週間前より強度が低いですが、
東京を走った疲れもあるので、
この程度で抑えておきました。




_20170304_121615~2
古河はなももは、PBを出した大会。
次の週末に走る方々への応援と、
自分を鼓舞する意味で
2016参加賞のTシャツを着てみました。

娘(小4)コメント:ヤダ。女の人が着るTシャツじゃない?

おっさんには少々難度が高かった模様、、、




お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

ローカル大会ですが楽しんで走ります(登ります) 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
大会結果・エントリー
2012/12 横浜マラソン(ハーフ)
 (1時間43分)
2013/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間31分)
2013/11 つくばマラソン
 (3時間19分)
2014/03 板橋シティマラソン
 (3時間17分)
2014/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間12分)
2015/02 神奈川マラソン(ハーフ)
 (1時間25分)
2015/03 佐倉朝日健康マラソン
 (3時間1分11秒)
2015/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間4分56秒)
2015/11 さいたま国際マラソン
 (3時間1分10秒)
2016/03 古河はなももマラソン
 (2時間53分23秒) PB
2016/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間1分25秒)
2016/11 つくばマラソン
 (2時間57分13秒)
最新コメント