はしるのは

50代ランナー、二児の父。2012年に走り始めて、2016年3月にサブ3、2017年11月にサブ50。ランニングフォーム好き。

カフェインサプリメント

こんにちは。
オークです。

マラソンのシーズンが近づいてきました。

先シーズン、はなももマラソンで初めてカフェインを摂ってみました。
終盤まで動き続けられてPB更新できたのは、カフェインの効果もあったのではないかと思います。

今シーズンのカフェインの使い方を考えるにあたり、
レースに使えるカフェインサプリについてまとめます。



ザバス ピットイン
エネルギージェル
栄養ドリンク風味のみ
25mg



マグオン
エナジージェル
レモン味
25mg



パワーバー
エナジージェル

グリーンアップル
25mg



ショッツ
エナジージェル

グリーンプラム
コーラバニラ
カプチーノ
ワイルドビーン
80mg



500mlの水に溶いて飲むドリンク
100mg



メイタン サイクルチャージ
エナジージェル
100mg



メイタン サイクルチャージ カフェインプラス200
エナジージェル
200mg



エスエス製薬 エスタロンモカ錠
カフェイン

1錠中100mg
(1日3錠まで 4時間以内の連続服用は避ける)



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

強制帰宅ラン13km &TOKYO

こんにちは。
オークです。


金曜、夜11時も回って、
横浜駅での乗り換え。

人が溜まっている。
だだよう不穏な空気。

「相鉄線は運転を見合わせております。」
アナウンスが聞こえた。



こんな時間に、、、orz


運転再開予定時刻まで待ったが、、、
動かない。


帰宅ランするか?
でも、
コースは少しずつ少しずつの上り。
ポロシャツにドライのロングパンツ。
PC背負ってる。
シューズはハイキングシューズ。
オマケに足枷1kgつき。



一旦走り出したら汗だくになる。
後戻りは出来なくなる。



悩ましい、、、




結局は走りました。
(ちょ、 もう少し待てよ。 (; ̄Д ̄) )



装備のせいでピッチもストライドも伸ばせない。
ゆったり、ゆったり、たんたんと
13km

疲れた。(;´Д`)

Screenshot_2016-09-17-01-59-28~2
距離 13.2km
継続時間 1時間27分
平均ペース 6:34min/km




そう言えば、
昼間にメールが来ていた。








sketch-1474045532719



お祝い!! (☆゚∀゚)








お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
呪い祝いのクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シューズを購入いたしました

こんにちは。
オークです。

DSC_1403~2


シューズを購入してしまいました。
アシックスのターサージャパンスリム

変わらないことが売りのシューズには珍しく、
モデルチェンジがあったために旧モデルがセールになっていた様子。

先ず、川崎のB&Dで安くなっている(定価1万6千、売価約1万 税別)
のを見かましたが、その時は購入せず。

次に横浜のStepに行ってみた時に、
さらに安くなっているのを発見。
その日帰宅してから、どんなシューズか調査。
再び行ってみると、まだ残っていたので購入しました。
横浜のStepでは、最後の一足だったようです。

このモデルと、ニューモデルとの変化は、
・ソールのボツボツの形状を、丸からテトラポッド形に変更。(グリップ力が向上するらしい)
・ヒールのホールドを改善。

ためしに履いた上で、型落ちでも問題ないと判断して購入しました。

スリムモデルですが、実際は少しもスリムでは無いです。
他のモデルのノーマル同等か、むしろ幅広かもしれません。
アッパーのつくりもソフトで、全体にゆったりしています。


ヒールからトウへのドロップは、アシックスのレースモデルはみな同じらしいので約10mm。

軽量性よりは、足の保護と反発を重視したモデル。

このドロップや、重視するポイントが、
今、自分がシューズに求めるものとマッチしているので購入を決めました。
今期の勝負シューズ候補になります。


ちなみにMade In Japan.


走ったら、レビューしてみます。


お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

タイム短縮のカギはシューズだ!!の他力本願なあなた。
何を履いても速いランナーをめざしているあなた。
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【誰得】シューズレビュー Tevashpere Speed

こんにちは。
オークです。

自分しか持っていない魔改造シューズのレビューの次は、
生産終了で買えないシューズのレビューです。
誰得w


このシューズ
Tevashpere Speed
DSC_0614~2


トレラン用のシューズです。

ソールの大き目の凸凹がトレランらしさを出しています。

重さは片足280g(27cm)
ロード用シューズと比べると、
中級者むけクッション重視のモデルくらいでしょうか。


特徴的なのが、
先ずヒール
半球状の形をしてます。
人のかかとを包むように、前後にも左右にも丸い。

次に中足部、球状のヒールのすぐ前
足の左右に突き出た突起(ポッドと呼ぶらしい)で、
左右方向に倒れないように踏ん張る形になっています。

他では見ないユニークな(変態)シューズです。

TevaSphere3-thumb-250x195



-----
トレランシューズとしてのレビューは、他所に丸投げw
トレイルランナーの記事
Tevashpere Speed - まるで踵が前に出た気分! ナチュラルな走りをサポートする新感覚シューズ -

Teva公式動画

このシューズのユニークな形状が、
足の動きを分析した結果生まれた合理的なものであることが分かります。


私は、ロードでのランにこのシューズを使っていますが、
この形は成功しているように思われます。

この特徴的な構造で着地衝撃を受け止めます。
フラットに地面にシューズを置くと、
ポッドが接地していて、
ヒールは地面から5mm程度浮いた位置にあります。

通常、かかとから着地するようようなフォームでも、
先ず中足部のポッドが接地して、
変形することで衝撃を吸収します。

また、かかとから接地した場合には、
前後方向にクルリと転がるようにシューズが動いて衝撃をいなすので、
強い衝撃は感じられませんし、
前進が妨げられることもありません。

下りで勢いがついて、
オーバーストライドでかかと着地になっても、
滑らかに落ちていくことができます。



また、コーナーで傾いて着地する場合、
四角いヒールでは足首を立てようとする力が生じます。
(軽くグネる感じ)
丸いヒールでは足首が傾いたままでいられるため、
ストレスがかからず、
気持ちよくコーナーを抜けていくことができます。
膝にまで伝わるストレスも少ない。

-----

Tevashpere Speedはトレラン用として販売されていましたが、
この特徴はロードでも有効なものです。
ロード用にチューンしたシューズが出たらぜひ履いてみたいと思っています。
他にない気持ちよさで走れますし、
足首や膝へのストレスの少なさから故障しにくいシューズになることが期待されます。

トレーニング用、初心者用、故障に悩むランナー用としてうってつけのように思われます。
うまく軽量化すれば、サブ3レベルくらいはいけるかもしれません。



このシューズ、トレラン用として製品化したために、
トレランに求められる多様なファクターに埋もれてしまったようにも感じられます。
そのせいか、シリーズは終了の方向のようです。

ロード用も製品化していれば、違った展開があったかもしれません。
でも、このメーカーがロードを志向していないようなのでこれからロード用が出ることは無いでしょう。

オーナーとしてはとても残念です。




読んでいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
変態シューズへの愛が感じていただけた方、 
よろしければ、クリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シューズ比較 - 戦 VS 戦<魔改造> -

こんにちは。
オークです。

DSC_1399~2
戦と戦
ピンクは不人気色? 
2足は別々に購入したのですが、どちらもお安くなっていました。





ソールのリペア?? - 匠 戦 魔改造 -

 

シューズ魔改造してみたわけは?

 

シューズ比較 魔改造 VS 復刻



これらの記事のつづきです。

- これまでのあらすじ -
Adizero Takumi Senのヒールを5mmもちあげた魔改造シューズを作った。
とりあえず走ってみて、シューズもランナーも無事でよかった。

Adizero Japan 1 復刻と比較してみた。
魔改造シューズは、シューズに走らされる感じが強い。
ベースのAdizero Takumi Senは、どんなシューズだったっけ?
----------

今回の比較の対象は、魔改造のベースとなっているAdizero Takumi Sen。


ノーマルのSenは足先からかかとまで地面が近い。
軽さもあって、
靴を履いていると言うより、
足が薄く覆われているだけの感じが強い。


かかとは薄いものの、まるく均等に包み込む感じがあり、
またクッションも感じる。


魔改造版の方が硬い印象。
アウトソール表面が硬いゴム板で固められたことで、
ヒール全体が変形しにくくなっているのかもしれません。



走り比べ
前回同様にマイコース 1周5kmを1周ずつ走ってみました。


今回の先攻は魔改造版

相変わらずシューズに走らされる。
後があるので、少々抑え気味にしました。

Screenshot_2016-09-09-00-26-44~2

経過時間:22分08秒
平均ペース:4分26秒/km



10数分の休憩とシューズの履き替え。



後攻はAdizero Takumi Sen ノーマル版


Screenshot_2016-09-09-00-25-55~2


経過時間:22分06秒
平均ペース:4分26秒/km

先攻、後攻がほとんど同じタイムになりました。
違いは誤差レベル。
ここに貼るのに、先攻、後攻を何度も確認してしまいました。
(間違えて貼ったところで、ほとんど同じわけで、
問題ないとも言えますが、、、)


タイムは意外なほどに同じ。
さすが同じシューズとも言えますが、
履いた感じは大分違っていました。

前回、Sen魔改造版で走って、Senってこんなシューズだったっけ?
と感じたわけですが、、
こんなシューズではありませんでした。
記憶は正しかった。


ノーマルのSenでは、急かされるような感覚はほとんどありません。
前に進む感じも弱く、足の裏に垂直に体重をのせるだけでは、前に進まない。
ソールを踏み潰すだけ。
ランナーがしっかりと前に進むフォームを意識して作る必要がありました。

印象としては、助けもしないし、邪魔もしないシューズ。

これまでの経験もあわせると、
試しているスピードが、シューズの性能に追いついていない。
キロ3分台に入ってきたあたりから反発が感じられるようになり、
本領を発揮するシューズですね。
自分のレベルでは、フルマラソンでは性能が活かしきれない。


魔改造版Senでは、足の裏にしっかりと体重を乗せ続けていると、
身体は前に押し出されていきます。
前を意識しなくても前に進みますが、
シューズが要求するペースで動き続ける必要があり、
集中力と、もしかしたらバランス能力が必要かもしれません。

かかとを持ち上げただけで、シューズの印象が大きくかわりました。
自分のレベルあたりで丁度扱える感じになったのはたまたまなのか?
なかなか興味深く思います。


DSC_1397~2
オマケ 家の門番 二度目のお目見え
また写真撮った。


お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

今期の勝負シューズは”ピンクのハイヒール(ハート)”
が冗談でなくなりつつある今日このごろ (((( ;゚д゚)))
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シューズ比較 魔改造 VS 復刻

こんにちは。
オークです。

DSC_1395~2


ソールのリペア?? - 匠 戦 魔改造 -

 

シューズ魔改造してみたわけは?

 




これらの記事のつづきです。

- これまでのあらすじ -
Adizero Takumi Senのヒールを5mmもちあげた魔改造シューズを作った。
とりあえず走ってみて、シューズもランナーも無事でよかった。
----------


9月に入り、まだまだ暑い物の多少は走りやすくなってきました。
そこで、魔改造シューズがどんなシューズなのか、
特性確認をしてみました。

比較の対象として、Adizero Japan 1 復刻版を選び履き比べてみました。


先ずはおとなしく履き比べ

ただ立ったり、軽い足踏みをした程度だと、
この2足は意外なほどに似た感触になっていました。

違いはあるにはあるのですが、
ノーマルのtakumi senの”地面に近い感じ”が大分薄くなって、
「ヒールに高さがあり」、「ドロップが大きい」といった似た部分が目だってきています。




次は走り比べ
マイコース 1周5kmを1周ずつ走ってみました。

先攻はAdizero Japan 1 復刻版

ラバーのソールの着地は柔らか。
シューズが個性を主張することなく、
走りたいように走ることが出来ます。

Screenshot_2016-09-07-00-22-19~2

経過時間:22分21秒
平均ペース:4分29秒/km



10数分の休憩とシューズの履き替え。
一時よりは涼しくなったとは言っても、気温は高い。
立ち止まっていると全身から汗が噴出し、
水浴びでもしたかのよう。



給水して、軽く身体を動かして、
後攻はAdizero Takumi Sen 魔改造版


走り出して最初の印象は”硬い!”
前足部が薄く硬いのは、走る前から分かっていました。
走り出してみると、かかとも硬い!
地面とかかとの間に、”硬い板がはさまっている”感じがとても強い。


次に感じたのは、
シューズに走らされている感じが強い。
シューズがピッチを決めていて、
ランナーがそれに合わせて懸命に脚を動かさないといけない。
ランナーは大変です。

ノーマルのSenからは、そんな印象を受けた記憶がありません。
魔改造シューズは、土踏まずの部分が地面から浮いた極端なセパレートソールになっています。
このソールが速い重心移動を強制しているのかもしれません。

次は、Senの魔改造とノーマルの比較でそのあたりを確認してみようと思います。


このシューズは、
脚の運びは速くなるのですが、
身体への負担が大きい。
腹筋、腸腰筋が疲れる。
脚の運びに集中力が要求される。

諸刃の剣のようです。


短い距離は速そうですが、フルの距離まで身体がもつのか?
見極めるために、ひきつづきいろいろ試してみようと思います。

Screenshot_2016-09-07-00-21-23~2

経過時間:21分34秒
平均ペース:4分19秒/km

シューズに急かされるように走った結果、
平均ペースが10秒短くなりました。

しかしながら、最後の1kmはペースダウンしてますし、
疲労も大きい。

先攻、後攻で身体の温まり方も違うので
単純に比較できるものではありません。

でも、シューズに合わせられる体力があるなら、
Adizero Takumi Sen 魔改造版は速そう。

とりあえず、スピードを出す練習には活用していこうと思います。





お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

諸刃の剣を振り回してダメージを受けた勇者ランナーに
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
大会結果・エントリー
2012/12 横浜マラソン(ハーフ)
 (1時間43分)
2013/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間31分)

2013/11 つくばマラソン
 (3時間19分)
2014/03 板橋シティマラソン
 (3時間17分)
2014/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間12分)

2015/02 神奈川マラソン(ハーフ)
 (1時間25分) 2nd
2015/03 佐倉朝日健康マラソン
 (3時間1分11秒)
2015/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間4分56秒)

2015/11 さいたま国際マラソン
 (3時間1分10秒)
2016/03 古河はなももマラソン
 (2時間53分23秒) 2nd PB
2016/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間1分25秒) 40代 4位

2016/11 つくばマラソン
 (2時間57分13秒)
2017/2 東京マラソン
 (2時間56分39秒)
2017/3 大山登山マラソン(9km)
 (50分21秒)
2017/04 戸田彩湖フルマラソン
 (2時間59分16秒) 50代 優勝

2017/11 つくばマラソン
 (2時間48分37秒) PB
2017/12 足立フレンドリーマラソン (ハーフ)
 (1時間20分39秒) PB
2018/03 古河はなももマラソン
 (-時間--分--秒)
2018/04 戸田彩湖フルマラソン (招待選手)
 (-時間--分--秒)

最新コメント
メッセージ
  • ライブドアブログ