はしるのは

50代ランナー、二児の父。2012年に走り始めて、2016年3月にサブ3、2017年11月にサブ50。ランニングフォーム好き。

バウンディングに挑戦!!

こんにちは。
オークです。

バウンディング




5月にこんなツイートが、、

リンク先には、両腕を同時に振りながら軽やかに跳ねる女性アスリートの動画が。
確かに、この腕の動きはできなさそう。

ん、
これは私への挑戦(笑)なのか?
そうだ、そうに違いない。(違いますwww)




やってみたら、 
期待に反して(予想通り)出来ません、、、orz


やってやるゾ(`・д・´)



----------
先ほどリンク先を見に行ってみたら、

動画のあったところに
「この動画はユーザーにより削除されました」
の表示

元の動画がいなくなってしまっています。(´;ω;`)

代わりを探しました。
これをもっとキレキレの動きにした感じでした。







----------

1か月間の血のにじむような練習の成果がこちら。



弾む感じがいまいちですが、
これで許してください。


----------

オマケ
お口直し
普通の?バウンディング動画
 

お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

階段さがして公園へ

こんにちは。
オークです。

Screenshot_2016-06-04-21-23-55~2

トレーニングに使える階段を探しながら、
自然公園の中を気まぐれに走り回ってきました。


公園までの行き帰りに10km、
公園の中を10km

自然公園0604

林の中に入っていく道には
ちょこちょこと石段や、木段があります。

で、使えそうなところを見つけました。
木段にみせかけたコンクリート階段。
180段くらいか?
長さも150m以上ありそうです。

何度か駆け上ってみました。

ぎりぎり一段とばしで届く幅。
最初は大股で気持ちよく走れます。

が、半分も上ると息が切れて、
登りきるころにはヘロヘロ。



階段と坂と比べると、
・フォームは平地と変わらない。
・足首に曲げも平地と同じで、窮屈な蹴りにならない。
坂とくらべて、大きな筋肉で、力強く、勢いよく、気持ちよく走れる気がします。

加えて、
・ストライドが決められている。
・スピードを落とすと届かなくなるので、スピードも落とせない。
負荷は大きいし、落とせないwww

スピードを鍛えたい時に、
坂トレーニングよりも効果的ではないかと期待。



ビデオとってみました。
駆け上っているだけwww
失速してゼーハーゼーハーしてますorz
バックには鳥の声。ホーホケキョ


今季目標 : 最後まで勢いよく走り切ること。


お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2016年5月のまとめ

こんにちは。
オークです。


DSC05622


2016年5月のまとめです
 月間走行距離:156km
 走った日:10日

2016May


5月は、
月の初めに大山トレランに2回も行ったのと、
トライアスロン横浜大会の応援にも行きました。



山登りでの大腿四頭筋への負荷、
心肺への負荷が予想以上で刺激的でした。

今季、このあたり強化してみようと考えて、
マイコースに階段を取り込もうとしています。

もともとアップダウンだらけのコースなのですが、
階段では坂とは違った効果が得られることを期待しています。


トライアスロンでは、
優勝したモーラ選手のランニングフォームが
期せずして自分の目標とするフォームに近いことに驚き。
自分の走りに取り込むべく試行錯誤中。



読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。 
応援クリックおねがいします。

  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

全日本マラソンランキング

こんにちは。
オークです。

マラソンランキング

全日本マラソンランキング
初めて100位以内に入って、紙面に載りました。


2016ranking_

6839人中の50位で、
比率にすると上位0.73%

オォ! 1%切ってる!



昨年は6031人中の165位
上位2.7%

PBを約8分縮めて、115位アップしてました v(⌒∇⌒)v


ここまで順位が上がるとは予想していませんでした。
ギリギリですが50以内に入ったのも出来過ぎな感。


ここのところ暑くなってきて
やる気が失われつつありました、、、
(暑さに強くなりたい、、、)

これでちょっとやる気がでました。


 
お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

トライアスリート マリオ・モーラ選手の走り方

こんにちは。
オークです。

DSC05575




前の記事でこんなコメントしました
 1/4 倍速 スロー
No.1 で一位となったモーラ選手の着地を見ると、
足首が柔らかく、深く曲げられているようです。
ケニア人ランナーと同じようなテクニックを使っているのかもしれません。



これ、気になったので調べてみました。

手もとに生の映像素材があるので分析がはかどる (´▽`)
(どんどんディープになっていくwww)


ケニア人ランナーをマネしたい。Part2 下腿の前傾編の1

ケニア人選手では,接地から離地まで大腿の動作範囲が大きく,とくに支持期前半に下腿が大きく前傾し,その後大腿が大きくスウィングしている様子がわかる.とくに大腿が垂直になる姿勢では,その違いが顕著である.


1位の No.1 マリオ・モーラ選手と、
3位の No.35 
クリスティアン・ブルメンフェルト選手 を
分析に追加してみました。

なんで1位と3位なのか?
ランの前半でこの2人が一緒に走っているビデオ素材があるからです。


大腿が垂直になっている瞬間の画像を切り出して、
下腿の角度を確認します。 

他のメンバーは福岡国際マラソン2015の
PM2 キムタイ ・キプリモ選手  21 マーティン・マサシ選手
61 佐々木 悟選手  25 川内 優輝選手
下腿前傾

下腿の角度だけ取り出して重ねたのがこちら
下腿前傾角度比較

マリオ・モーラ選手の下腿前掲角度は大きく、
ケニア人ランナー2名の間に入っています。

クリスティアン・ブルメンフェルト選手は、
佐々木 悟選手(リオ五輪マラソン日本代表!)と同じくらいですね。



マリオ・モーラ選手の走り方に、
ケニア人ランナーの走り方と近いところがあることは確認できました。


----------
ケニア人ランナーをマネしたい。Part2 下腿の前傾編の1
でとりあげている論文

榎本靖士ほか(2010)
「ケニア人長距離選手の生理学的・バイオメカニクス的特徴の究明」 
の図を見て、
ケニア人ランナーの足首の使い方も気になっていたので、
続いて調べてみました。

手もとに生の映像素材があるので分析がはかどるはかどる(´▽`)(*゚▽゚*)
 
モーラ選手
No1接地

ブルメンフェルト選手
No35接地
モーラ選手のほうが、
下腿の前傾が大きいことに加えて、
かかとの浮き上がりも少なく、
足首が深く曲がっています。




前後の動きはどうなっているのか?
連続写真にしてみました
上に取り出した写真は、左から7コマ目にあたります。

1秒に60コマ、0.017秒間隔
接地比較

ブルメンフェルト選手は4~5コマ目からかかとが上がり始めています。
シューズの後ろの角度に注目すると、
もっと前から、かかとへの荷重は抜けているようにも見えますし、
足首が固まっているような印象も受けます。



モーラ選手は5コマ目までベッタリと接地していて、
6コマ目で荷重が抜け始め、
その後もかかとが上がるのが遅いです。
足首に力が入っておらず、やわらかに、曲がるに任せているように見えますね。



足首の使い方についてもケニア人ランナーと共通するところがあるようです。


----------
ケニア人ランナーの間では共通する走り方。

他にも同じ走り方のランナーはいるようですが、
トップランナー全員が取り入れている走り方でも無いようです。

ちなみに私はマネしようとしていいます。(興味ない?)


モーラ選手は、どういった経緯でこの走り方になったのでしょう?
興味深い。



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

トライアスリートの走りかたは違っていたか?

こんにちは。
オークです。

No1_No35

2016年5月14日(土)
世界トライアスロンシリーズ横浜大会
男子エリートの部

スイム:1.5km バイク:40km 
の後のラン:10km

トライアスリートって、どのように走っているのでしょう?
陸上長距離ランナーと違いがあるでしょうか?
上位選手のランをみてみます。


気温: 23.0℃
晴れ 
風速 6m/sec 北東
エリート男子リザルト

No.1 マリオ・モーラ選手
No1

No.5 クリサント・グラハーレス選手
No5

No.35 クリスティアン・ブルメンフェルト選手
No35



ランのタイム 10km
No.1   0:29:26  2:56min/km
No.5   0:29:36  2:57min/km
No.35 0:29:44  2:58min/km

このペースでフルを走ったとすると
2時間4分

スーパーエリートのフルマラソンレースペースです。
スイム、バイクで1時間15分も動き続けた後なのに、こんなに速いのですね。 

競技時間トータルで1時間46分台になっています。

シューズは
ナイキ、アシックス、ナイキ
No1Shoe
No5Shoe
No35Shoe

私には、モデルまでは分からないのですが、
衝撃吸収よりも軽量を優先しているモデルのように見えます。
10kmのランなので衝撃吸収は重視されていないのでしょうか。

動画から読み取れたピッチは200spm
ペースと合わせてストライドを計算すると169cm

ちなみに、かつてのフルマラソン世界記録保持者 パトリックマカウは
ピッチ 190spm
ストライド 180cm
だそうです。





 1/4 倍速 スロー

No.1 で一位となったモーラ選手の着地を見ると、
足首が柔らかく、深く曲げられているようです。
ケニア人ランナーと同じようなテクニックを使っているのかもしれません。

その他、
1位、2位の選手は細いですね。特に下肢。

3位の選手の厚い胸板は陸上長距離では見かけないタイプ。
トライアスリートらしいのは3位の選手でしょうか?


体格の違いはありますが、
ダイナミックなストライド走法は、
エリートマラソンランナーのと同じ技術を目指しているように見えました。
いかがでしょう?


お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
大会結果・エントリー
2012/12 横浜マラソン(ハーフ)
 (1時間43分)
2013/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間31分)

2013/11 つくばマラソン
 (3時間19分)
2014/03 板橋シティマラソン
 (3時間17分)
2014/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間12分)

2015/02 神奈川マラソン(ハーフ)
 (1時間25分) 2nd
2015/03 佐倉朝日健康マラソン
 (3時間1分11秒)
2015/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間4分56秒)

2015/11 さいたま国際マラソン
 (3時間1分10秒)
2016/03 古河はなももマラソン
 (2時間53分23秒) 2nd PB
2016/04 戸田彩湖フルマラソン
 (3時間1分25秒) 40代 4位

2016/11 つくばマラソン
 (2時間57分13秒)
2017/2 東京マラソン
 (2時間56分39秒)
2017/3 大山登山マラソン(9km)
 (50分21秒)
2017/04 戸田彩湖フルマラソン
 (2時間59分16秒) 50代 優勝

2017/11 つくばマラソン
 (2時間48分37秒) PB
2017/12 足立フレンドリーマラソン (ハーフ)
 (1時間20分39秒) PB
2018/03 古河はなももマラソン
 (-時間--分--秒)
2018/04 戸田彩湖フルマラソン (招待選手)
 (-時間--分--秒)

最新コメント