こんにちは。
オークです。

_20170810_014555


真下着地について書いたエントリーが好評でしたので、
関連の小ネタをひとつ。



体の前方に着地していると、
着地の仕方は、
かかと着地(ヒールストライク)になります。

着地を体の真下に近づけていくと、
最初に接地するポイントが足裏の前方へと移動していき、、

ミッドフット着地~フォアフット着地となります。

DSC_1407~2


逆に考えると、
足の裏のどこが最初に接地しているのかを感じて、
フォームを調整することが出来ます。



でも、
フォアフット着地が出来たことが無いので、
正しい着地の感触が分からない?

そんな悩めるランナーの方々に、
ランニング以外でフォアフット着地を体験する方法があります。(☆゚∀゚)

正確に書き直すと、、、
おそらく誰もが既に体験済みです。





最初のイラストでネタばれしていますが、、(・∀・)



階段を降りる時、
人は無意識にフォアフットで着地しています。



階段を降りる時に、
改めて足の裏の感触、足首の力の入れ具合などに集中してみてください。
この感触をランに持ち込めれば良いのです。





階段や段差で着地の衝撃が大きくなることが予想されると、
無意識にフォアフット着地になるのですね。
ランでは無意識とはいかないので、
少々不思議な感じもします。

フォアフット着地の衝撃吸収の効果は、
試しに階段でかかとから着地してみればわかります。

腰に不安のある方は止めておいてくださいね。



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 

応援のクリックおねがいします。

イラストの階段が普通の階段だと思ったあなたもワンクリック!
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村