こんにちは。
オークです。


DSC_2151~2
当日朝の日産スタジアム 日産フィールド小机側から


参加メンバーから、
今回の練習メニューの中でも効果的だったとの意見をいただいた
「変則ウォーキングランジ」


筋力トレーニング目的でなく、
動きのトレーニングとしてのウォーキングランジのルーツはこの記事

情熱大陸 #946「フィジカルトレーナー・杉本龍勇」








トレーニングに取り入れながら試行錯誤、
着地位置を変えると、思いの他負荷が軽減することに気づいた頃
(書いてる内容は少々わかりにくいです、スミマセン
今回は読まなくてもOKです)

最近試しているフォーム <向かい風に負けないフォーム?>




















今回のレッスンでは、
真下着地の効果を疑似体験するトレーニングメニュー
として導入してみました。
勿論、動きのトレーニングの効果もあります。


DSC_2168~2
イラストは使いまわしwww


先ず、腰のポジションを下げて大またで進む上のフォームを試してもらいました。
動きの感覚を覚えておいてもらいます。

次に、着地の位置を体の真下に寄せた下のフォームで同じように大またで進んでもらい、
動きの違いを感じてもらいました。

ひきつづき、
動きのトレーニングとして、
(腰のポジションが低いと、負荷が高すぎるので)
腰のポジションを少し上げて繰り返します。

上り坂でも試してもらいました。
上り坂では、
着地の時のショックは落差が抑えられる分少なく、
脚を後ろに伸ばしていく際にかかる負荷は増します。
求める動きのトレーニングとして、より高い効果が期待されます。



さて、このように効果の高い「変則ランジウォーキング」ですが、
一方では負荷が高く大きなダメージをもたらす諸刃の剣。

参加メンバーは、
翌日の筋肉痛に苦しんだとのこと。 オシリガイタイ (´;ω;`)
ゴメンナサイ。<(_ _)>

試してみようと思った方は、負荷に注意して行ってください。
(唯一このメニューが原因と言うよりは、
レッスン全体としてお尻を使った結果かと思いますが、、、
いずれにしろ注意してください。)











お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村