こんにちは。
オークです。

「支持脚の感覚」と「遊脚の感覚」の練習の続き

大筋は、この記事の通り

[大転子ランニング]スローシザースの運動要素



━─━─━─━─━─

DSC_2176~2

イラストの下の動きです。

最初に骨盤を動かして、(イラスト下右)
脚がついてきて前に出る。(イラスト下左)

遊脚(浮かせて前に出すほうの脚)側の
骨盤の端や大転子に意識をおきます。
足先は楽に、
後からついてくる。


「腕振りと骨盤の動きが連動する」とか言われますが、
とりあえずこの段階では腕は気にしなくてOK。


この動き、
ランニングエコノミーとか、
スピードとかに効いてきます。





練習に集中する皆さん、
手や腕に勝手に力が入って妙なポーズになったり、、
でも気にしない気にしない。
集中している証拠です。




骨盤を水平にまわす動きをやってもらうのに、
最初は両足で立ってやってもらったのですが、
皆さん余裕で出来ました。
最初から片足で大丈夫だったのデスネ、、


この動きの他にも、
動き作り(動きの小さな基礎編の気分転換?)
で幾つかドリルをやってもらいました。
・片足けんけん ⇒ 苦戦、左右差も目立つ (≧ヘ≦) ムゥ
・スキップ ⇒ 余裕 (☆゚∀゚)
(自分的には)ちょっと意外な結果。
「やってみないと分からない」← 練習会をやってみての私の気づき(^∀^)




お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村