こんにちは。
オークです

前傾、真下着地の脱力ウォーキングから
省エネランニングフォームにつなげるためのポイントを5つ挙げてみます。

DSC_2549~2

左上
ベースとなるウォーキングのフォーム
前傾と真下への着地が出来ていて、
倒れる力で前に進んでいます。

ここから、

1.下半身の前傾を強めます。腰が後ろから押されるような気持ち。(右上)

2.膝の曲げを強めて、しっかりと足の裏の接地を感じるようにします。(右上)

3.骨盤からの始動で遊脚を鋭く前に、数字の4の形を目標に膝を前方に突き出します。(左下)

4.シザースを意識します。遊脚を前に戻す際には、両脚の骨盤から膝までを意識して、脚の前後を入れ替えるように動かします。(右下)

5.腕をしっかり、力まずに振って、上体を安定させます。(右上)


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村