こんにちは。
オークです。

腹筋を使うランニングフォームの練習として、
上り坂をウォーキングランジのような動きで上ってみます。



筋力トレーニングとしてのウォーキングランジでは
踏み出す時の上下の動きで負荷をかけますが、
ここでは腰を少し低い位置に保ち
上下の動きは抑えます。


お腹から前に進む意識。
同時に足は後ろに流れていきます。

この時に上体は前に倒さずに立てておきます。
後ろに倒すような意識を試しても良いと思います。
この意識で、
後ろに流れる足一本に長くしっかりと体重を乗せ続けます。
少し遅めに動くと良いかもしれません。

足が後方に流れるに従って、
腹筋に引っ張られるような力がかかるのが感じられます。

sketch-1546523824246
後ろの足で立ち続けられなくなって前に足をついたら
上体を立てる意識を一旦ゆるめて上体を前に。
前の足に乗りなおします。

そこから、
足を後ろに流すに従って再び上体を後ろに。

外から見て、
上体を前後にあおるような動きが見えるかもしれません。


----------

以下のようなメリットがあるので上り坂を利用しています。
・ゆっくりした動きの中でも適度な負荷が感じられる
・後ろ脚一本で長くたっているためのバランスがとりやすい
・ウォーキングランジのポジションでも筋肉に負担がかかり過ぎない。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

比較のためにフォームの意識を変えてみます。

後ろ足に乗る意識を緩め、
上体を少し前に倒すような意識に変えてみます。

腹筋は引っ張られなくなり、
後ろ足が軽く流れるようになります。
sketch-1546524343556
後ろに流れた足は推進力の源です。
ここの動きが軽くなるのは動きの空回り。
せっかく脚を回しているのに
推進力が得られない無駄の多い動きになります。



お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村