こんにちは。
オークです。

Screenshot_2020-07-08-23-41-34~2
Screenshot_2020-07-08-23-48-38~2


ランニングの時に
地面から前に進む力をもらう下半身

下半身が前に進む時に
上半身が取り残されないように頑張るのが腹筋です


背中を丸めた姿勢で腹筋が緩んでいると
上半身は取り残されては追いついて
取り残されては追いついて
、、、
推進力を無駄にする効率の悪い走り方になってしまいます(図左)
sketch-1594253064116
腹筋を固めて頑張れば状態は取り残されませんが
疲れてしまうので長くは頑張り続けられません


胸を張るようにして
腹筋に軽く張りをもたせるようにしておくと
疲れずに上半身の姿勢を保つことが出来て
力が無駄にならずに効率よく走れます(図右)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
この腹筋の使い方に近い負荷をかけるトレーニング方法

こんなのを見つけました




N


腹の筋肉を伸ばしてへこます 「そるだけ」ダイエット



トレーニングの強度は強くはありませんが
ランニングでもそれほど強い力がかかるわけではないので十分

腹筋の使い方が上手くなることで
楽に姿勢を保てるようになるでしょう


----------
ちょっと脱線しますが腹筋ローラーについて

やりかたに立ちコロ、膝コロとあって
膝コロは低負荷版のようにとらえられがちです

でも
膝コロはしっかりと体を伸ばしきった形で負荷がかかります
ランニングに向けたトレーニングとしては十分有効だと考えています

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
胸の柔軟性が足りないと
うまくトレーニングの姿勢がとれない


胸のトレーニング方法

いろいろあると思いますが
ちょっと変わったものをご紹介

上の「そる腹筋」と関係が深いのは冒頭の胸の前後の動きですが、
腰の動きについても意識出来るようになると
ランニングフォームの調整幅を増やすことになると思います

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
「そる腹筋」に近い、負荷の大きいトレーニング


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
先頭の写真の出所
サッカニー エンドルフィンプロ レビュー動画


お読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
 
応援のクリックおねがいします。
   にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村